編集者: ノボトニー・ジェローム, OMI 修道会:聖母献身宣教会 (オブレート会) 2015年08月31日

社会のニュース

《1956》 黒田裕子さんとのヨコハマ 追悼・黒田裕子さん
その結果、「多死社会であるのに死を見たことがない日本人」が増え続けています。8割の人が病院で死ぬ日本国民です。

女性の活躍推進提言へ ダボス会議の女性版、閉幕
参加者は女性の働き方、女児の教育、平和構\築などテーマごとに分科会を開き、安倍晋三首相もそれぞれ視察。分科会で「女性の社会参加の基本は女子教育。高等教育を受ける機会を確保しなければ、女性が政策の意思決定に参加することができない」と述べた。

日本人の「健康寿命」、男女とも世界でトップ
国際チームは、世界188か国のデータを分析。2013年の日本の健康寿命は男性71・11歳、女性75・56歳で、男女ともにトップだった。ベスト5は、男性が〈1〉日本〈2〉シンガポール〈3〉欧州の小国・アンドラ〈4〉アイスランド〈5〉イスラエル、女性が〈1〉日本〈2〉アンドラ〈3〉シンガポール〈4〉フランス〈5〉キプロスの順番だった。

福島に暮らす人々描いた映画、打ち切りから再上映へ
上映時間は全体で71分。女性はもともと県内に住み、原発事故後に「福島の子どもを守るという組織の理念に共感した」として中核派のメンバーになった。映画では2分半ほどインタビューに応じ、「福島県の人はもっと怒っていい。『怒っている人はみっともない。品良く生きよう』なんて冗談じゃない。どうやって子どもたちに申\し訳が立つのか」と泣きながら語っている。

貧困対策:子どもに「居場所」、年50万人分整備へ…政府
厚生労働省によると「子どもの貧困率」は12年で16.3%と過去最高となり、特にひとり親世帯の貧困率は54.6%と高く、対策が急がれている。

日本は親子関係希薄?=「尊敬」「老後世話したい」最少−高校生調査・青少年機構
「親を尊敬しているか」という質問に「とてもそう思う」と回答した割合は37.1%と4カ国中最少。前回この質問をした2008年より16ポイント増えたが、米国(70.9%)や中国(59.7%)よりかなり低かった。「親の期待にプレッシャーを感じる」とした割合も29.5%で、他国より22〜34ポイント低かった。

福岡)子宮頸がんワクチン「副反応」に給付金 大川市
市は今年に入って10代2人の副反応患者を確認。2人は、ワクチン接種が任意だった2011〜12年度に接種した後、動けなくなったり、痛みが続いたりするようになった。1人は入院中、もう1人は通院しており、高校受験ができなかったり、進学した高校を中退したりしたという。市の調査では、10〜14年度に市民909人がワクチン接種を受けた。

《1955》 「平穏死」を口にするがん患者はいない
がんの痛みや苦しみは、がんを治療しようとがんを放置しようと変わらない、ということを知っておいてください。在宅現場では、「平穏死」という言葉はほとんど使いません。むしろ超高齢者ならば「大往生」と言うと凄く喜ばれます。問題は「がんの治療期」と「平穏死」の関係です。要は、治療の“やめどき”と“終末期”の境目はどこか、ということ。

他の見出し

読んでください

New! 「憎まない生き方」は現代の福音

Editorial オピニオン
ヨルダン取材からウィーンに帰国して以来激しい下痢に悩まされてきたが、 ようやく峠を越えた感じでキーボートを押す指にも力が入ってきた。 そこでアンマン取材中に考えてきたテーマについて忘れないうちに書いてみた。

New! 日本弁護士連合会シンポジウム「安全保障法制の問題点を考える」
リレートークでの岡田武夫大司教によるスピーチ

Documents,Official ドキュメント,公文書
岡田でございます。今日、このような機会を与えてくださったことを心から感謝申し上げます。 今日、強行採決が行われた。大変残念に思い、また強い不安を感じております。日本国民として、 またキリスト者としてわたくしは日本国憲法、その平和主義、9条、そして前文を大変、 誇りとして今まで歩んで参りました。カトリック教会は全世界ネットワーク、 いろいろな機会に他の国のかたがたとお会いします。もちろん、アジアの隣国、韓国、フィリピン、中国、 そして遠い国々の人たち、そしていろいろな機会に「日本の平和主義、日本は戦争をしない国、 戦争をしないことを憲法でうたっている。素晴らしい」。それが今、戦争をする国、 戦争をしてもいい国になってよいでしょうか。絶対、それはいけないことであります。

迷う時間の大切さ
「自分を見くびってはいけない」 玄侑宗久が語る仕事-1

Genyu Sokyu ゲンユウ ソウキュウ
10代の頃には、ものを書きたい気持ちが生まれていたのですが、 その一方で家を継いで坊さんにならなくてはいけないのかという重い気分も抱えていました。 答えを出しようもなく模索していた高校時代に、哲学者の星清先生に出会います。

世界ビリングズ排卵法「日本語WEBSITE」

Billings, John ビリングス・ジョン
近代科学に基づく自然な受胎調節法は、多くの理由から女性の生殖器官の健康にとって有益です。自然な受胎調節法、ビリングズ排卵法によって得られる知識を、すべての女性が理解していなければなりません。世界ビリングズ排卵法協会(WOOMB)の公文書は22ヶ国語以上の言語に翻訳されています。

勇気の使徒職  メンバーのあかし

Jim B ジム ビー
四旬節が近づき、私は自分の霊的生活で改善すべき点のリストを作っています。直すべき所がいろいろありますが、 今ある自分に心は喜びで満たされます。Courageのメンバー、Encourage(励まし)の支援者としての役割 、祈りの生活、小教区の活動のおかげで、キリスト者としての良い、健全な、貞潔な生活を送ることができています。

人クローン胚の作成・利用を容認する
総合科学技術会議 生命倫理専門調査会の方針決定に対する見解

Editorial オピニオン
人クローン胚の作成・利用は、たとえ人クローン個体産生が禁止され、その目的が研究・治療に限定されていても、大きな倫理的問題を含みます。なぜなら、人クローン胚の作成は、ヒト胚性幹細胞(ES細胞)の作成に伴うヒト胚の滅失・破壊をめざし、人の道具化へと道を開くものだからです

東日本大震災と「いのち」の神秘

Itonaga, Shinnichi イトナガ・シンイチ
物資文明の豊かさを享受してきた日本人は、突如襲ってきた大震災によって人間のはかなさをあらためて思い知らされた。しかし同時に、人間のいのちをいとおしむ心もまた強く意識されたのではないか。そこで、いのちとは何か、その神秘を考えてみよう。

自殺防止にはキリスト教が一番

Itonaga, Shinnichi イトナガ・シンイチ
東日本大震災はあまりにも衝撃的であった。日本人がひたすら信じてきた「成長神話」も、それを支えてきた科学技術も、自然の猛威の前に無力を証明してしまった。この惨事を目のあたりにして、山積していた日本の課題が忘れ去られてしまった。