編集者: ノボトニー・ジェローム, OMI 2019年03月20日

読んでください

信徒として中国の問題点について考えてみましょう。

Hirata, Kunio ヒラタ・クニオ
ヴァチカンと中国政府との外交問題がトピックスとして報道され関心を集めています。 しかし宗教弾圧関連問題の陰で忘れてはならない重大な問題があります。 一人っ子政策による史上最悪最大と思われる母体内での幼い赤ちゃんの大虐殺です。

「値高く、貴い者」

Taira Osamu タイラ オサム
人間の生命は貴い。日本国憲法の三大重点は主権在民、平和主義、人権尊重である。 人権尊重は人間の生命があまりにも粗末にされてきた日本の過去への猛省から来ている。1931年〜1945年の軍国主義侵略戦争によって日本の300万が殺され、その日本の手によって2, 000万人ものアジア人が殺された。この人命軽視。また女性はいつも男性の下位におかれ、従わされた。 子どもは大人の道具のように人身売買された。これらへの反省から人権尊重が強調されたのである。

「釈尊の死亡診断」お釈迦様の病気

Tanaka Masahiro タナカ マサヒロ
日本の6月は梅雨の季節、インドでは雨期が3ヵ月も続く。雨を意味する梵語が雨安居とも漢訳され、 陰暦4月16日から7月15日頃まで、お釈迦様の集団は遊行を休んで定住修行された。80才の時、 釈尊はヴァイシャーリーの近くの竹林村にて阿難尊者と二人で最後の雨安居に入られた。そこで死ぬほどの激痛が起ったが 、禅定に入って苦痛を癒されたという。その後、有名な「自灯明、法灯明」の話をされた。そして安居が明けたとき、 残り3ヵ月の命であると宣言された。その後も遊行を続け、約200キロ離れたクシナガラで死亡された。 1日平均7km歩かれた計算になる。

「選択」した結果

Barber, Margaret バーバー・マーガレット
意味のあるいのちは、すべてではなく一部だけで、どれがそうでどれがそうでないかは、私達に決める事が出来ると大勢の人が信じている。そう決める事が出来るのは私達ではないという事をその人達は理解していない。その決定権は神にある。人がその事実を受け入れない限り、神から与えられる慈悲や許しはありえない。自分が神と同等だと思う人、誰が生きて誰が死ねばいいか、自分が決められると思っている人は、神の許しを得るには傲慢すぎる。

年老いた両親を気にかけることでの子どもたちの問題

Moynihan,Carolyn モイニハン・キャロリン
お母さんの世話をするために細かいことで口論をすることが贅沢のような時代が、遠からずやってくるのかもしれません:意見の一致しない姉妹でも兄弟でも、いさえすれば良いときが!

本物の性と愛の選択を一若い世代へのメッセージ

Sakai Takako サカイ タカコ
現代は性について、本当の愛についての誤った情報(映画・テレビ・雑誌・インターネットなど…)が爆弾のように降っています。そのため人間が本来もっていた良心の声・清さを失わせ、多くの若者は何が本物なのか判別出来ないほど、この世の誘惑に惑わされていると思います。

15の研究は妊娠中絶と薬物乱用の関連

Reardon, David リアドン・デビッド
麻薬とアルコールの乱用に関するアメリカジャーナル最新号で発表された研究によると、中絶する女性は、中絶の限界ギリギリまで行く女性に比べ、その後に続く薬物乱用はおそらく5倍多い。

いかなる権威をもってしても安楽死を正当化することはできない

Documents,Official ドキュメント,公文書
高齢者のいのちは尊重されなければならない