医療のとまどいや揺れ、何度も問いながら

YOMIURI ONLINE
2017-10-13

脳死の人からの臓器移植――。

国内では十分に浸透しているとは言えない。抵抗感がある人もいる。

そんな日本で20年前、移植医療の分野を切り開いた医師たちがいた。彼らのたどった道のりや現場の様子を参考に書かれたフィクション作品が「移植医たち」だ。

1985年、移植医療の最先端を猛進するドクター・セイゲルに師事しようと日本から3人の医師が渡米する。米国の医療から受ける衝撃や、繰り返す動物実験への葛藤を乗り越え、それぞれがドクター・セイゲルを支える存在になる。97年に日本で臓器移植法が成立すると、3人は移植医療を浸透させようと帰国する。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171011-OYTET50051/?catname=column_hon-yom

他の見出し