ロヒンギャ問題、独立調査団に協力求める決議 国連会合

朝日新聞デジタル【松尾一郎】
2017-12-07

国連人権理事会は5日、ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャの人々への迫害に関する特別会合を開き、ミャンマー政府に対し、独立調査団への協力を呼びかける決議を賛成多数で採択した。迫害を事実上否定しているミャンマー政府は、「主権の侵害」などとして受け入れる考えがないことを表明した。

全文は下記

http://www.asahi.com/articles/ASKD61VW3KD6UHBI001.html

他の見出し