親の行動、子どもの自殺リスクに関連 米研究

時事【マイアミAFP】
2017-12-07

親が子どもの情緒面の健康にほとんど関心を示さないと感じている10代若者は、親が子どものことを自慢に思い、積極的に関わってくれると考えている若者に比べて、自殺を考える危険性がはるかに高いとの研究結果が5日、発表された。

「子どもたちは誰かが自分についてくれていることを知る必要があるが、残念ながら子どもたちの多くはそれを知らないでいる。それが大きな問題だ」

全文は下記

https://www.jiji.com/jc/article?k=20171206036512a&g=afp

他の見出し