「人工呼吸器外し殺害」元看護助手の再審決定

YOMIURI ONLINE
2017-12-21

滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、入院中の男性患者(当時72歳)の人工呼吸器を外して殺害したとして、殺人罪で懲役12年の判決が確定し服役した元看護助手・西山美香さん(37)の第2次再審請求に対し、大阪高裁(後藤真理子裁判長)は20日、請求を棄却した大津地裁決定を取り消し、再審を開始する決定をした。

後藤裁判長は、男性患者の死因について、弁護側が提出した「不整脈による自然死」の可能性を指摘する医師の鑑定書などを新証拠と評価。自白の一部も、取調官の誘導に迎合したおそれがあるとして「犯人と認めるには合理的な疑いが残る」とした。検察は最高裁への特別抗告を検討する。

全文は下記

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171220-OYT1T50037.html

他の見出し