南北閣僚級会談 核問題を置き去りにするな

YOMIURI ONLINE
2018-01-12

北朝鮮の核・ミサイル問題の解決に向けて、具体的な進展があったわけではない。国際社会は、軍事、経済両面で包囲網を緩めてはならない。

韓国と北朝鮮が閣僚級会談を行い、2月の平昌冬季五輪の成功に向けて協力することで合意した。北朝鮮は選手団や高官らの代表団、応援団を派遣し、韓国側は必要な便宜を提供する。

緊張緩和に向けた南北軍事当局者会談の開催も、合意に盛り込まれた。北朝鮮は、南北間の軍通信回線の再開を通告したという。偶発的衝突や、その拡大の危険性を減らすことが重要だ。

双方が同じ民族であることを強調し、高官級や分野別の会談を続ける方針でも一致した。

全文は下記

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20180110-OYT1T50156.html

他の見出し