『決断。』 大胡田誠、大石亜矢子著

YOMIURI ONLINE
2018-01-16

ともに全盲の夫婦が、学校や仕事、恋愛、結婚と出産に至る半生をつづる。

夫は、日本人で3人目の全盲の弁護士。2歳上の妻は音楽大学に進み、歌とピアノのプロとして活躍する。2人の子にも恵まれた。

夫婦の生き方に共通するのは強烈な自立心だ。夫は「迷った時は、心が温かいと感じるほうを選びなさい」と親に言われて育った。困難に直面する度、自らの努力と周囲の支えで夢を実現してきた。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180110-OYTET50015/?catname=column_hon-yom

他の見出し