[QOD 生と死を問う]ひとりの最期(中)看取りや葬儀手助け

YOMIURI ONLINE
2018-01-22

核家族化などでひとり暮らしの高齢者が増加している。中には、経済的な困窮に陥る人もおり、安心して「ひとりの最期」を迎えるための課題は多い。家族に頼れない人の 看取り や葬儀を支える取り組みを取材した。

「自分の最期のことをここまで考えてくれる人がいるなんて。幸せもんでしょ」。昨年11月下旬、北九州市のアパートの一室。末期がんの男性(当時72歳)が静かに語った。男性は同月、余命1〜2か月と宣告されたばかり。その日は病院から一時帰宅していた。

全文は下記

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180115-OYTET50031/?catname=news-kaisetsu_

他の見出し