孤独感じず周囲に感謝し幸せ 90歳代の心の景色とは

朝日新聞デジタル
2018-02-09

90歳を超えるほどの高齢になると、それまでのように心身の若さを保つのは難しくなる。でも、そんな人たちの間で、以前とは違う「幸せ感」を抱くようになる人が少なくないことがわかってきた。長い人生を歩んできた人たちの心の中に、どんな光景が広がっているのか。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL214HBTL21ULZU007.html

他の見出し