家族が「うつ」になった時に知っておきたい3カ条

文春オンライン(長田 昭二)
2018-06-10

1億総ストレス時代の現在、昔と比べてうつ病の人が増えたのか、あるいは隠れていた潜在患者が表に出てきたのかはわからないが、この病気が身近な存在になったことは事実だ。

うつ病は、当人が苦しむのはもちろんだが、家族や周囲の人たちにも深刻な影響を及ぼす。接し方を誤ると取り返しのつかない結末を迎えることもあり、いきおい付き合い方も腫れ物に触るようになる。そこに生じるストレスが新たなうつを生み出すこともある。

家族がうつ状態に陥った時、一体どう対処すればいいのか――。知っておきたい「3カ条」を、名古屋市に本部のある医療法人永朋会理事長で精神科医の加藤晃司医師に解説してもらった。

全文は下記

https://news.goo.ne.jp/article/bunshun/life/bunshun-7699.html

https://news.goo.ne.jp/article/bunshun/life/bunshun-7699.html?page=2

https://news.goo.ne.jp/article/bunshun/life/bunshun-7699.html?page=3

他の見出し