アングル:退職後に「孤独」にならないための4つの方法

ロイター[ニューヨーク]Chris Taylor
2018-07-11

米オハイオ州ウエストチェスターに住むモニカ・ドワイヤーさんが定年後の生活について考えるとき、思い出すのは家族ぐるみの友人だったポールさんのことだ。

ポールさんには妻と子どもたちがいて、消費財大手プロクター・アンド・ギャンブルで良い地位に就いていた。だが妻はポールさんより15年早く亡くなり、次第にポールさんの社会的交流の幅は狭まっていった。同時に、懐具合も厳しくなった。

やがて、ポールさんは「食うや食わず」の状態になったと、ドワイヤーさんは振り返る。

冷え込むオハイオの冬のさなかでも、ポールさんは自宅の空調を13度に設定。死の直前は、運転できず、1つ1ドル(約110円)のマクドナルドのハンバーガーで食いつなぎ、子どもたちとは絶縁状態だったという。

全文は下記

https://jp.reuters.com/article/money-retirement-loneliness-idJPKBN1JT0LQ

他の見出し