強制不妊訴訟「国は速やかに主張を」 弁護団が上随

朝日新聞デジタル【貞国聖子】
2018-08-08

旧優生保護法(1948〜96年)のもと不妊手術を強制されたのは違憲だとして、東京都の男性(75)が起こした国家賠償訴訟の第1回口頭弁論が6日、東京地裁であった。国は請求棄却を求め、具体的な主張を次回以降に持ち越した。

全文は下記

https://www.asahi.com/articles/ASL864CV0L86UTIL01C.html?iref=com_api_med_mednews

他の見出し