追悼の意を込めて

Ebihara Hiromi (エビハラ ヒロミ)
海老原 宏美
自立生活センターひがしやまと理事長
出典 スタッフのつぶやき
2016年7月29日掲載
許可を得て複製

相模原での悲惨な事件。

犯人に対する怒りとか、 被害者に対する悲しみとか、 障害者だって一生懸命生きてるんだとか、 いらない命なんてないとか、 なんやかんやいろんな声が上がっています。

悲惨な事件の有り様に対する批判は誰にとっても共通認識だとしても、 結局「重度の障害者の命の価値ってなに?」という質問に、 ちゃんと答えられる人なんて、ほとんどいないでしょう。

尊厳死、安楽死の法制化を望む人がいる。 出生前診断では、障害胎児の中絶率は9割以上。

そして、施設入所者の保護者は、 被害者の実名公表をしないことを望んでいるという報道

家族を入所させていたことを知られたくない人もいるだろうけど、 亡くなったのは「重度の知的障害者」である前に、 「○○さんという個人」のはずなのです。

○○さんは、どんな食べ物が好きだっただろう? ○○さんは、どんな時にニッコリしただろう? ○○さんの日課はどんなことだっただろう? ○○さんは、どんな趣味を持っていただろう?

一般的な殺人事件では、必ず、 「亡くなった被害者は、こんな仕事、活動、生活をしていて、 多くの人に親しまれていました。」などのコメントとともに、 古い同級生や近所の人のインタビューがあり、 メディアを通して視聴者も、その被害者像を膨らませながら、 ひとつの尊い命が失われたことへの重みを感じ、 追悼の意を深くすることができます。

でも、今回の事件では、そういう機会を奪われている。 事件の残虐さだけが印象付けられ、 同じ重度障害者や施設は得体の知れない恐怖に襲われるだけで、 障害者の命の価値や、生きる権利について 考える機会を奪われてしまっている気がするのです。

まだまだ日本では、重度障害者の市民権が確立できていない。

その事実に向き合っていくために、 映画「風は生きよという」の上映活動を続けていますが、 その最中の事件なだけに、なんとも虚しい感じが残ります。

まだまだ活動が足りないなぁ、と。

犯人が憎いとか、被害者が可哀想とか、 そういう問題じゃない。 そういう犯人を登場させてしまったこの社会のあり方を、 見つめ直す機会になってほしい。

これは、あなたや私の問題なんです。

「風は生きよという」 渋谷アップリンクでの上映は8月4日までです。 障害者の人権や尊厳について、 社会が本来あるべき姿について、 これからも発信していきます。

この記事の上へ